日々感じたことを心のままに書いていこうと思います。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

はっぴー

Author:はっぴー
堂本光一さんが大好きだと、
誰に憚ることなく言いたくて、
ブログ始めました。

ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

日経エンタ グラビアインタビュー

   
『僕らの音楽、2人の活動、すべて話そう』というサブタイトルの通り、現状がよく分かる内容だった。
と言っても勿論、実際のところはわからないし記事を読んだ上での想像でしかないけれど…

KinKiKidsという名のプロジェクトチーム。
そこでの成功を他のグループに反映させる為の…
そう考えるとソロとグループを分ける必要は確かにないかな?

「僕がゴリ押ししてまでやりたいことはソロでやればいいわけで」と、以前の「やりたいことはソロで」発言から「ゴリ押ししてまでやりたいこと」と、更にヘビーな表現に変わっているのを見て、うんうんと大きく頷きつつにんまり(爆)

少なくともここ数年、某番組はFNS歌謡祭の為に利用されているでしょ、コラボとか…
事務所的にもそういう面があるのかなって。
だからこそ色々な事が出来て、その結果多くのモノを吸収する機会が得られたわけで…
デメリットばかりではなくメリットも多かったとは思う。

それはさておき、光一くんの質問に対する答えはいつも通り明確で、誤解を与えない為の細やかな配慮すら感じられた。
一方、同僚はというと…
まさにインクがにじんだような答え(爆)

対比する方がおかしいと言いつつ、どの答えも自分の感性が独特であることを印象付けようと必死な感じがした。
これは同僚の答えだからではなく純粋に文章を読んで感じたのだけれど…

例えば、王様のブランチでも言ってたしここにも載ってるけれど、松井さんの詞に対して光一くんは「切ない」と表現しているのに対し、同僚は「物悲しい」と言っている。
文字だけを見ると「物悲しい」の方が普段あまり使わないし、音的にも如何にも風情がありそうじゃない?
ところが意味を調べると、「何となく悲しい」なの。

その点「切ない」はよく使われるけれど、あらためて意味を調べると「悲しさや恋しさで、胸がしめつけられるようである。やりきれない。やるせない。」と、意外なほどに複雑だった。

まあ、ありきたりを嫌うあまりなのと、奈良のイメージから古風な言い回しや風情ある表現が今のマイブームなのかな?どの答えも浅いというか…うーん…
年齢の割に考え方が幼いような…
って、永遠の17歳の私には言われたくないだろうけれどね(笑)

後輩君たちのKinKiの曲のヘビロテぶりが書かれているけれど、ここでも光一くんの考察は的を射てるな~
音楽シーンに関してもうんうんって、思いながら読んじゃった(笑)

そういえば『欲望のレイン』なんて某所で検索しても山Pと斗真君のがほとんどで、あの二人の曲だと思ってる人もいるんじゃないかな?


光一くんも度々言われてるけれど、ホントKinKiは素晴らしい楽曲に恵まれていると思う。
シングル以外にも好きな曲いっぱいあるからカバーを一人で出すというアイデアはいいな…

コーラスも自分で入れちゃって…
うん、いいないいな♪
ただし、聴きたいのは光一くんの声でだけれどね。


※13:22にコメントして下さった方へ
企画はないです、紛らわしい事書いてスミマセン?
詳細は雑誌をご覧下さい。






スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://happygreetings.blog.fc2.com/tb.php/67-27271c14
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。