日々感じたことを心のままに書いていこうと思います。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

はっぴー

Author:はっぴー
堂本光一さんが大好きだと、
誰に憚ることなく言いたくて、
ブログ始めました。

ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

羽曳野…

   
9/21昼夜公演共に、無事終了したようです

《昼公演》
最初のフライングで腰の帯が外れたが、踊りながら元に戻していた。

千穐楽の楽屋。
靴ひもがほどけ、後ろ向いた時にダンサーさんに「靴ひも取れたー」と言って右足を指して訴えるコウイチ
脚立上がったりみんなで歌うところも気をつけながらそのまま続けた

屋上。
「朝はいやん、いやん」と2度
その後の待ち合わせ、早かったねに「褒めて褒めて~」とお尻ふりふり

可愛い~

おばちゃんは羽曳野から。
コウイチ「おばちゃん、どっから来たの?」
おばちゃん「ん?羽曳野」
コウイチ「どこ?それ」
おばちゃん「ジャパンの…大阪の…んー、PL学園って言ったらわかるかな?」
コウイチ「へぇー。遠くまでご苦労さま」

PL学園は富田林市にあるのになぜ羽曳野なのか、ずっとずっと疑問でした。
実は校歌にも、♪若人の夢 羽曳野の 聖丘清く 育みて♪と“羽曳野”が登場。
富田林なのになぜ羽曳野??
これ実は、PL教団のある富田林市北中部の丘陵地帯を“羽曳野丘陵”と呼ぶからだそうです。

確かにおばちゃんは羽曳野からとは言っても羽曳野市からとは言っていませんよね。
なので、羽曳野市ではなく羽曳野丘陵から来たのかな~なんて考えたり…
(単に内君が育ったのが羽曳野市だからかもしれませんが。)
まあ、何はともあれPL学園と羽曳野の繋がりが分かって自己満足

Japanesque。
殺陣でウチの刀をコウイチが祓ったら、コウイチの足元に落下
途中で刀を少し踏みつけたけたものの、鉄砲で撃たれ倒れる前に刀の位置を確認
倒れている時に刀を上手のタツミの方に手で祓ってスライディングさせ、ウチが拾い易いようにしていてた

階段落ちの最後の段で両足でしゃがむように着地してから下へ


《夜公演》
永遠の小柄。
タツミ「かわいいーー!アプリで育てたいーー!」
フクダ「課金?」
タツミ「課金課金」
フクダ「カキーン!」(バットで打つ真似)
コウイチ「今流行りのたまごっち?」
(会場ザワザワ)
タツミ「流行り?」
フクダ「おやじっち」
うな垂れるコウイチ

好きな食べ物は「押し花」
両手でパッチン!左手の掌をつまんでモグモグ
インタビュアーさんのマイクもモグモグ

ラダー。
途中で帯が外れて落下
お客様が手を伸ばして空中でキャッチ
暗転してコウイチがはけた後にダンサーさんがお客様から回収

最後の挨拶。
「気付けばあと10公演となりました」

ついにこの言葉が…

どうか千穐楽の幕が下りるまで、座長はじめ、カンパニー・スタッフの皆さんが全力で走り抜けることができますように


スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://happygreetings.blog.fc2.com/tb.php/32-db197561
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。