日々感じたことを心のままに書いていこうと思います。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

はっぴー

Author:はっぴー
堂本光一さんが大好きだと、
誰に憚ることなく言いたくて、
ブログ始めました。

ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

ファンとして…

   
EndlessSHOCK2012の発売に関して、色々疑問に思うことはありますが…
発売日の18日を迎え、手にした喜びで胸いっぱい

ですが、同時に様々な疑問に対する不信感が再燃した方も多いようですね。

9/20 14:40にコメントして下さった方がいらっしゃるのですが…
正直に言いますと、記事には全く関係ないことでちょっぴりフクザツでした。

お返事は必要とされていないかもしれませんが、耳寄りな情報を伝えても下さっていますので引用させていただきますね。

“JEの思惑通り、光一さんの「dvd1位」記録が途切れそう(泣)・・・。
なぜ舞台公演中の発売日設定なのに「予約制」??
舞台を観てほしいと思っても買えないなんてありえませんね。
今、気づいたんですが、「楽天BOOKS」さんが、少し商品確保できたみたいで、定価で販売再開してくれてますね。
楽天市場内の数軒の「CDshop」でも少し販売しています。買いたい方が気がついて注文できるといいのですが・・・。”

完全予約生産に関して私自身は、ファンの要望が多く、出す予定のなかったものを要望に応え、ファンの為に特別に発売することになったからだ…と、善意に解釈しています。
完全予約生産に関してちょっと調べたのですが、今回のDVDに限らず、他のアーティストやアニメなどでも結構あることを知りました。

それでも、仰る通りせっかく公演中の発売日設定なのですから劇場では販売して欲しいですね。
1000回以上続く舞台ですから、今年初めて観劇された方の中には他の年のも観てみたいと思われる方も多いと思いますし…

私も今日になって楽天やその他でもキャンセル分の在庫ありとの情報を見ました。
ですから、ファンとして多くの方にお知らせすることで多少なりとも売り上げに繋がるかな…と。
コメントして下さった方もそんな想いからかと思いますが…

ただ、JEの思惑云々はあくまでも憶測ですので公にされない方が賢明かと思います。
特に、事実を捻じ曲げられることに常々反感を抱いている身としては…ですね。

それと、記録に関してですが…
ミュージックDVD連続総合首位獲得数(ソロアーティスト部門)7作と、ミュージックDVD通算総合首位獲得数8作となっていますが、これは2004年1/2コンDVDからの記録で、2002年のSHOCKdigestと2003年のSHOCKは違っていたのでしょうね。

ただしオリコンの記録であり、世間で話題になったのではなくニュースソースはオリコンニュース。
CDやDVDの売り上げが伸びない現状において踊らされている感が否めないのですが…

何よりもオリコンのポイントに関して疑問を抱いていながらこれに固執し過ぎるのは、事務所が無理矢理ギネス更新に固執するのと同じではないでしょうか?

同僚がソロの曲だかDVDで首位を取ったことに対しては、ライバルがいない日を狙っての首位で、数字を見ると大したことないと言っている方がいらっしゃることを考えると、なんだか矛盾している気が…

とはいうものの、ファンとしてはたかが記録されど記録。
今後のソロ活動にも影響が及ぶでしょうし、必死になるお気持ちもわかります。

それ以上に、この素晴らしい作品をもっと多くの方に観てもらいたい。
その為には限定生産ではなく普通に販売してほしいですし、普通にプロモーションもしてほしいのに、この“普通”がまかり通らないことが諸悪の根源ですよね…

それに対し、苦情や不満をぶつけられている方を見掛けましたが、素晴らしさを伝えたり、要望を伝えたり、自分たちでtwitterを利用して独自にプロモーションをされている方も多く見掛けました。

そういえば、図書館にDVDを寄贈するというアイデアを思い付かれた方がいらっしゃいました。
ナイスアイデア!!と思ったのですがなかなか難しいようで…
ですが、多くの方に観てもらいたいという願望から一歩進めて、実際的に考えられていることに感心しました。
この一歩は大きいですね…

疑問に思うことは多々ありますが、一時の感情に流されずファンとして何をするべきか考えたいですね。


スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://happygreetings.blog.fc2.com/tb.php/30-0dfc4ae1
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。