日々感じたことを心のままに書いていこうと思います。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

はっぴー

Author:はっぴー
堂本光一さんが大好きだと、
誰に憚ることなく言いたくて、
ブログ始めました。

ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

お返事です。

   

◆1/4 09:27にコメントして下さった方へ
こんにちは♪

同僚の“○○派”という表現は、どちらかのソロファンというよりも、あくまでもグループのファンの中での“○○寄り”な感じがします。
ソロだけを望むファンの想いも受けとめてくれている光一くんとは異なり、ひょっとするとファンの現状を未だに把握していないのかも…
彼が言うところの光一派について言えば、単に光一くんの方が好み・自分は好みではない・自分が嫌い…程度の認識はあっても、ここまで忌避・嫌悪されているとは思いもよらないのではないかと。

生演奏やプロのダンサーさんを交えてのコンサートはだいぶ前からのように思いますが…Jrが全くいないのは初めてでしょうね。

内情はわかりませんが、今回の応援ソングにしても光一くんのインタビューの感じでは、当初もっと普通の(?)応援ソングをイメージしてのアイデアだったのに、出来上がったのはいつものKinKiならではのものになっていた…と。
状況から察するに、仰るようにスタッフへの発言力等は相変わらず同僚の方が強いのかもしれませんね。

ただ、ファンがグループに望んでいる事・期待している事は光一くんの方が把握し、且つ応えようとしてくれているので、結果的にコンサートでは光一くんのアイデアが復活してきているのかな…なんて思ったりもしますが、時既に遅しですよね…
それでも何度も原点回帰を繰り返すのは、光一くんが100%関わっていた頃が全盛期だったことの証ですね。







スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://happygreetings.blog.fc2.com/tb.php/242-8392e08a
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。