日々感じたことを心のままに書いていこうと思います。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

はっぴー

Author:はっぴー
堂本光一さんが大好きだと、
誰に憚ることなく言いたくて、
ブログ始めました。

ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

Overture

   
本題に入る前に…

夏頃から中の子がパーナさんになった事は以前書いた気がしますが、最近、上の子がテゴマスにハマッてしまい最新ライブDVD『テゴマスの青春』を購入しました

その上、オタク気質(本人談)をフルに発揮して、小山君のラジオもテゴマスのラジオもYOUTUBEで視聴。
いつの間にか中の子よりも詳しくなり、普通に“こやしげ”“てごます”とファン用語を使っているのにびっくり
NEWSやテゴマスの曲もがっつりDL済で日々電車のお供に聞いている様子…

光一くんに気付いたばかりの頃、KinKiのアルバムを中古で買っていた私とは大違い
便利になったなぁと感心したり、恐るべしオタク気質…と呆然としたりな今日この頃です。

こんな状況なので、私もNEWSとテゴマスの歌を聞く機会が自然と増えたのですが…
確かにノリがよくて楽しくて、バラードも耳に心地よくて、意外といい感じです

さて、NEWSとテゴマスのライブDVDを見て興味深かった事が幾つか…
ファン層が若いのは予想通りでしたが、パステルだったりビビッドだったり様々ですがとにかくカラフルで双子コス率高い
ツアーペンライトではなく、担当ごとのカラーのサイリウムかな?両手持ち多し。
そして、複数の団扇に担当の名前と要望

ファンの雰囲気はどちらも同じでしたが、NEWSがドームなのに対しテゴマスはアリーナクラスだからかな?
ファンとの距離が近い分色々できるみたいで…
オープニングいきなり大きなウサギトロッコで会場内回っていきなり大盛り上がり
時々団扇取ってあおいでは返したり…
最後にサイン入りのボールを蹴ってました(手越君はミニサッカーボール)

そして見る前から気になっていた事、ズバリ、始まる前のコールはあるのか?
答えは…
NEWSはいきなり始まった気がしますが、テゴマスは合いの手はなく「て-ご-ま-す」と、ゆる~くぬる~く若干の不ぞろいも気にしない感じでのコールでした。
見ながら上の子が「なんか気が抜けるね、てごパンパンますパンパンとかだったら合わせ易いのにね」
全くその通り。
でも光一くんが言うところの「急かされてるようで好きじゃない」という感想を考慮すると、このくらいゆるい方がいいのかも…と肩の力が抜けた気がしました(笑)

でもね、今か今かとわくわくドキドキうずうずしてる気持ちが全部このコールに詰まっちゃってるから力も入るし、イヤだと言われてもしたくなっちゃうんですけどね

さてようやく本題…
始まりに違和感があって、ハテと考えていたのですが…
ソロコンにもSHOCKにもあるから当然のように思っていましたが、Overtureがない
他のグループはどうなのかな?
有無によってどうこうと言うわけではないけれど、本編に入る前、夢の世界への扉を開けエスコートされている感じがして…

まあ、日本語で『序曲』 さあ始まりますよという曲なので当然なのかもしれませんが、光一くんのソロコンの感想でコンサートというよりもSHOWのようだったと表現される方がいますが、Overtureもその一要素ですよね。
もちろんSHOWのようだというのは形式だけでなく演出など含めてですが、これもね光一くんのちょっとしたこだわりかな?なんて、勝手に想像してしまいました

ああ早くSpiralのDVDが観たいな
でも今度こそ光一くんにじっくり編集してほしいの…だからいい子で待ってます。でもなるべく早めにお願いします





スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://happygreetings.blog.fc2.com/tb.php/227-7f64423e
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。