日々感じたことを心のままに書いていこうと思います。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

はっぴー

Author:はっぴー
堂本光一さんが大好きだと、
誰に憚ることなく言いたくて、
ブログ始めました。

ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

お返事です。

   

◆8/31 ぺんたんさんへ
こんにちは♪

単に音楽性の問題ではないのは理解しているつもりです。
グループのファンというよりも光一くんが頑張っているグループだからこそ応援していたのに…ですね。

“T君は「歌いたいところが歌えないと眠れない」”
これは知りませんでしたが、SCの時でしたっけ?気に入ってて本当は全部歌いたかったみたいですね。

『夏模様』の記事にでは、光一くんの唖然とした様子と戸惑いが感じられましたよね。

実はあの記事自体理解できないのですが…
本来ならたとえその通りの経緯であっても隠すべきことでは?
つまり、あの時点で既に事務所やスタッフは同僚のやり方を容認していたということでしょうか?

5~6年前位からかな、光一くんがアルバム制作などに積極的には関わっていないという意味合いの発言が増えてきましたよね…
オリスタ1800号でははっきりと現在のスタンスを語られていて、それで購入に踏み切りました。

『Family』に関しては、リアタイで雑誌を読んだりソロコン大阪でのレポを読みましたから、私も思い出すと今でも悲しいやら腹立たしいやら…
特に『Tears』は、自分には才能がないからと書かなくなった光一くんが、あんな深く心に沁み入る詞を書いてくれたのに…
光一くんの想いを踏みにじられた気がしました。
逆に『Me』はグループらしく…と聞き慣れた曲調だったのに、この曲を聞いてこんな歌詞を思い浮かべるのかと、絶句した覚えがあります。
(もっというと、曲やその意図を理解するどころか、文字数だけ気にして書きたいことを書いただけなんじゃないかとさえ思ってしまいました。)

いつまでも後ろ向きではダメだと、大好きな気持ちを思い切り書きたくてこの場を設けたのに…という気持ちもあって、しかもSHOCKもドラマもあるのに…と思い、書いては消しを繰り返していてなかなかお返事できませんでしたが、ぺんたんさんの仰ること一々頷きながら読ませていただきました。
せっかくの楽しい時期に悲しい気持ち、悔しい気持ちを蒸し返すことになってしまってすみません(__)



◆9/3 08:15にコメントして下さった方へ
共感して下さってありがとうございます。
本当に様々な考え方やスタンスの方がいらっしゃるので、特にグループや同僚に関することを書いた時はバクバクで(笑)、その一言にホッとしています。


◆9/8 koroさん
こんにちは♪

“ずーと昔から光一君は日常にあるあれこれをコンサートの間だけでも忘れて楽しく過ごして欲しいと言っていたので、「夢」と表現したのでしょう。
 その夢の中がとっても居心地良くて、もっと・すぐにでもと我儘いっちゃうんですけどね。”

ホント、仰る通りですね♪
SHOCKが始まる寸前まで、多くの方がSpiralから抜け出せないままでしたものね…

“③については、座長である人がマナー違反のファンや、メンバーの行動に対して何のリアクションをとらなかったことだと思います。ショータイムでメンバーがステージに上がった時に冗談だったとしても「キャーと言われなかった」、と言ったことに対して舞台だから当たり前だと言わなかった”

なるほど…koroさんのおかげでスッキリしました。

“今、当たり前のように帝劇でジャニーズが舞台に上がっているのでその常識が通用していないのでしょう。ファンも舞台に上がる人も。”
“SHOCKが始まった頃、光一君ファンはものすごく気を付けていました。(一部には今話題に上がっているような人もいましたが)光一君も雑誌などでコンサートとは違うのだから内輪・ペンラ持ってきちゃダメとか注意喚起していました。”

JWが始まった頃からでしょうか、チケットに注意事項として記載されるようになりましたよね。
服装以前にそこからなの!?と驚いた覚えがあります。

先日の《徹子の部屋》での光一くんの言葉を思い出します。
受賞しても大記録を樹立しても慢心することなく、「それは今でもあると思うので」とさえ言われていて…
強靭なメンタルの裏側に、原動力の源に、どれほどの厳しく険しい道のりがあったかを思い知らされました。
更には、事故に対する戒めの言葉と真摯な表情が忘れられません。

後輩君たちに先輩程の覚悟はまだ無くても、先輩の築き上げてきたものを受け継ぐプレッシャーは感じてほしいですね。(中にはそれすら感じていない子もいるんじゃないかと…)

人気タレントを起用すると集客力は見込めますから、不況や舞台離れなど主催者側の事情もあるのでしょうけれど、Wキャストでメインが変わった途端、別物になったとさえ言われていて驚きました。
事務所側もやる気と実力重視で考えてほしいですね…

“後輩君たち・そのファンも過去の歴史を知らないことが不遇で、今後揉まれて成長していってほしいと思います。”

ぜひそうあってほしいですね…

“東山さんのWebで舞台にはどんな服装で行けばいいか聞いていて、東山さんは確か「大好きな彼氏とデートする気持ちで選べばよい」と。私は今でもそれを肝に命じてそれなりに選んでいます。”
 
お城に王子さま…はともかく(←そもそもドレスとか持ってませんしね 笑)、私もデートする気持ちで選んでます♪
 
 
◆9/12 21:05にコメントして下さった方へ
共感して下さってありがとうございます。





スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://happygreetings.blog.fc2.com/tb.php/221-840908f8
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。