日々感じたことを心のままに書いていこうと思います。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

はっぴー

Author:はっぴー
堂本光一さんが大好きだと、
誰に憚ることなく言いたくて、
ブログ始めました。

ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

日経エンタ10月号

   

ソロとしてのエッセイなのに!…と憤慨されている方を多く見掛けましたが、メインの記事には一切某番組のことも同僚のことも出てきていなくてホッとしました。

あの写真のチョイスは編集者の方の意向か、はたまた事務所側の要望か…

ポジティブに考えると、食に関連する写真を探した時これしかなかったのかなぁ…と。
少し深読みすると、欄外の今月のメモで無理矢理グループの話題を載せているし、DVD発売に関連有りかなぁ…なんて。

某番組の写真が載っていたのはまあこんなところでしょうか?

それよりも、私がもっと引っかかったのは光一くんが椅子に座っている写真。
素敵なのですが、後ろに立てかけられたり飾られている絵に違和感…というか嫌悪すら感じられて…

だけど描かれている男の人…どこかで見たことが…ハテ???

と、立てかけられた絵に描かれた文字をよーーーく見るとthejimihen(drix)…と読みとれるじゃないですか!
カタカナ表記するとジミヘンドリックス。そう有名なギタリストです。
(壁にかかっているのもおそらく)

ためしに名前を連ねて検索すると…
同僚の深夜番組のSEはほぼこのミュージシャンの曲を編集したものだったという記事に遭遇しました。
おそらく好きなミュージシャンなのかな?

飛躍しすぎかもしれませんが、この後ろの絵は同僚をイメージさせる為の小細工…
つまり、グループ名や同僚の話題を載せた時のファンからの非難を十分に承知した人が仕組んだのかな…と、勘ぐってしまいました。

百歩譲って、一流ミュージシャンの絵を…というコンセプトでのセットだったとしても、誌面にソロコンの画像を散りばめて下さっているのなら尚の事、ジミヘンではなくMJなのではないでしょうか?

まあ、絵に関しては個人の好みの問題ですし、あくまでも背景に映り込んでいるだけなので気にしなければ良いこと…ですけどね。






スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://happygreetings.blog.fc2.com/tb.php/220-6ad26192
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。