日々感じたことを心のままに書いていこうと思います。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2017 >>
プロフィール

はっぴー

Author:はっぴー
堂本光一さんが大好きだと、
誰に憚ることなく言いたくて、
ブログ始めました。

ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


Endless SHOCK2017

   
祝 Endless SHOCK2017大千穐楽

遅ればせながら、無事完走できたことを祝して乾杯

今年の帝劇でのキーワードは“ブラッシュアップ”でしたが、
地方公演でのキーワードは“更なるステップアップ”

オンの楽屋での台詞さながらに「ああすれば良くなる、こうすれば…」と、
現状に甘んずることなく追求されたのでしょう…
もちろん、独りではなくカンパニーが一丸となって。

メインキャストだけでなく、ダンサーさんもアンサンブルさんもUSAも、
マイクを通しての台詞も役名もないけれど、楽屋や町中そしてステージで、
それぞれが自分の役柄を演じていて、皆活き活きしていて

日野さんや直さんもこれまで以上に持ち味を引き出されていたと思う。

照明や音響のスタッフも、綱元さんも、衣装さんも、
すべてが渾然一体となって創り上げられているのがひしひしと感じられ、
とても素敵だったな

毎年素敵だと思うけれど、その時が最高なのは座長と一緒


そろそろ来年の制作発表の時期だけど、少しづつ書き足してきたので、
公開しようかと…

ここまでようやく書いたものの、時間切れでまたしても数日経過…
本日Endless SHOCK2018の制作発表がありましたね

ライバル役は中山優馬君。
オーナー役は久野 綾希子さん。
そしてリカ役に瀧本美織さん。
…と、例年にも増して豪華な顔ぶれにびっくり

ふぉ~ゆ~も辰巳君が出られないのは残念だけど、3人は揃うので楽しみ

でもその前に…
「年明けにはびっくりするようなことがある」
「悪いことではないです」
「それも楽しみにしていてください」
大千穐楽での座長からの予告

とーーーっても気になる
レポを見る限りではSHOCKとは違うことのような気がするけど、
何だろう…

20周年のアレコレも終わったことだし、素敵な一年になるといいなぁ









スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

いよいよ!

   
9月8日に初日を迎えたEndless SHOCK大阪公演
長いトンネルを抜け出た気分

ストーリーは変らないのに、屋良君が内君に交代する事で、
ライバルの性格だけでなく、年齢や背景など、
コウイチとの関係性もガラッと変わる…

実は私、屋良君のギラギラしたところがずっと苦手で…
だけど今年の春は違っていて驚いた。嬉しい誤算だった。
内君はどうだろう?

ふぉ~ゆ~も、辰巳君とコッシーになることでコウイチのアドリブも変わるよね?
マツとふくちゃんの方がコウイチは絡みやすいイメージがあるけれど…
どんな感じなのかな?

そうそう、大阪公演は直さんがいないんだよね…
ストリートでのシーンはどうなってるんだろう?

今のところ私が見たレポでは見当たらないけれど…
まだまだ始まったばかりだから、これからのお楽しみ

大阪公演21日間30公演、無事完走できますように








| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

着地点…

   
結局買わなかったけれど…
ドル誌・TV誌・音楽雑誌・スポ紙だけでなく、
普段縁のないファッション誌や週刊誌まであって、
あらためて20周年の凄さを感じた

TwitterでおススメとあったTV誌やBAILA・ananをサラッと読んで、
ananには歌に関する考え方が載っていたから気になったけれど…
読んだのがスーパーにあるヨレヨレの1冊だったので、
本屋さんで改めて購入しようと思っているうちに次号が発売されてしまった

特集記事はないけれど、日経エンタが今日ようやく届いた

ドラマ撮影中の同僚の異変から、歌番組に急遽一人で出演するにあたって
調整する模様、更には非常事態に陥ったからこその気づきなど、
OAを思い浮かべながら読むと、尚のこと濃い内容だった。

そして最後…
ファンの妄想をばっさり!
目に見えるモノで何かを表現して、
見ている人がそっちにばかり気を取られるのは嫌。
ちゃんと歌を聴いてもらいたい。

読み始めからは想像のつかない着地点…

客席に対しての「見えてません」「見てません」
「見るんじゃなくて感じているんです」という言葉を思い出した。



8/14に途中まで書いた記事。
ここまでは雑誌ラッシュと先月号の日経エンタを読んだ感想かな…
タイトル同様、この後何を書こうとしていたのか、着地点は?
下書きはなく、その時々でどっぷり浸りながらの文章なので、
今となってはわからないけれど、その時の思いを消したくなくて、
これはこれで一区切りついていると思うのでそのまま載せました。


カテゴリから、お返事をしようと思っていたことだけは確かなので、
ずいぶん経ってしまいましたがお返事を…

7/13 10:39にコメントしてくださった方へ
新境地への挑戦などグループだからこそ出来ると話されていましたが、
ぶつかることもしょっちゅうだと…
より良いものをと意見がぶつかるのは仕方のないことですが、
それをあたかも相手の落ち度のように、はたまた力量不足のように、
紙面であれ同僚の発言として伝わると、ファンとしては耐え難いですよね…

7/16 04:54にコメントしてくださった方へ
同じものを見聞きしても人それぞれ感じ方、受け取り方が異なるので、
“同感”とあるだけでホッとします。(小心者なので)
ありがとうございます。

7/16 きみままさんへ
後半部分のみのようですが…
デパ地下かと思うほどの賑わいを体感されてください(笑)
Partyでの様子を教えてくださってありがとうございました。
また、温かいお言葉ありがとうございます。

7/19 桜さんへ
ご心配くださったのに今頃申し訳ありません。
ここに書くこと=自分と向き合うことなので、次の記事に自分の気持ちを
書いてみました。

7/19 08:58にコメントしてくださった方へ
帯状疱疹の心配をされていましたので、私の母と子どもが経験しており、
おそらく違う旨をお知らせしようと思っていましたが、それも叶わず…
後日(7/22)にコメントしてくださった際、杞憂であることに気付かれていたので
安心しました。
ただ、肌荒れ吹き出物はある程度疲労やストレスのバロメーターになるので、
実際のところがわからない分、些細な変化でも心配になりますよね…

7/29 かおりさんへ
そう、正確には“解散を考えたことがある。”でしたね。
ところで…
私も20年前見ていなかったのでものすごく期待していたのですが、
20周年記念ドラマと銘打っていたことを思い出し、優先すべきは
そこなんだな…と納得しました。
あくまでもファンへの感謝、ファンが喜ぶことを第一に考えると、まあ
成功でしょうね…
でも、ホント満載でしたね(笑)

08/02 00:51にコメントしてくださった方へ
ありがとうございます。
ブログの紹介(サブタイトル?)にある通り、心のままに…とは思ってはいますが、
その一言でホッとします(小心者なので)


続きはまた後日…

更新もお返事もなかなかできませんが、お越しくださったみなさま、
コメントしてくださったみなさま、本当にありがとうございます。

Twitterのようにリアルタイムで意見交換は出来ませんが、
書いては消しを繰り返し、考えに考え、それでもつたない文章ですが、
少なくとも、周りに振り回されず自分と向き合い考えを伝えることが出来る、
この場所はとても大切なので、なんとか続けていきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします









| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
次のページ